膝と足の理学療法評価の戦略と治療 – 工藤慎太郎先生

¥8,800 (税込)

商品コード: movie_sku_kudo_strategy カテゴリー: , ,

説明

※本映像は2020年7月19日にオンラインで実施されたセミナーの映像です

変形性膝関節症、ACL損傷、半月板損傷と膝の理学療法を行う疾患は様々です。
しかし、疾患を見るのではなく、機能障害を治療する理学療法士としては、見るべき組織に共通項目はたくさんあります。
特に膝の伸展制限や伸展時の膝関節痛に対する理学療法評価と治療の戦略は重要です。
また足部・足関節においても、慢性足関節不安定症や外側側副靭帯損傷、インピンジメント症候群などに付随する足関節可動域制限や不安定性に対して、どう評価して、どう治療するか?現状の評価の問題点や、そこに我々の研究室やセンターで行っている最新の知見を合わせて、Up dateな運動療法を紹介します。